アサイーは、ブラジルのアマゾンに生息するヤシ科の植物です。ブルーベリーによく似た果実を実らせ、食用にされています。日本では「ワカバキャベツヤシ」という名前で呼ばれています。

ブルーベリーに似た見ためからか、「アサイーベリー」と呼ばれることもありますが、ベリー類とは関係がない植物です。ヤシ科の植物なので、ヤシの実に近いのではないかと考えられます。

アサイーの実には、栄養分が豊富に含まれていることが分かっています。果実100gあたりに含まれるポリフェノールは、約4.5g。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、見た目が似ているブルーベリーと比較すると、約18倍もの含有量です。

ポリフェノールは動脈硬化などに効果が期待されており、アンチエイジングにも役立つといわれています。

 

他にも食物繊維、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれていて、鉄分にいたってはレバーの3倍もの含有量があります。女性に必要な栄養分が豊富ですから、ぜひ取り入れたいと考える人は多いと思いますね。

アサイーは、ジュース状にして飲まれることが多いようです。そのまま飲んだり、牛乳やヨーグルトなど乳製品に混ぜたり、他の果物とミックスジュースにして飲んだりします。

混ぜるのに適している果物は、バナナやイチゴがいいみたいですね。栄養分をより効率的に摂りいれるのに、スムージーにする人も多いようですよ。

 

原産国のブラジルでは、アマゾンに自生しているアサイーもあるし、土地の独特の栽培法で作られたアサイーもあります。

果実そのままでも輸出されていますが、果実をペースト状にした製品や、そのままの形で冷凍されたものも、地域によっては市場で扱われているとか。

アサイーにはダイエット効果もある、といわれていますが、その効果については、化学的に証明されてはいないそうです。

しかし食物繊維が豊富で便秘の解消に役立つ上、ポリフェノールの働きで新陳代謝が活発になるので、代謝が上がりダイエット効果につながるのではないかと考えられているようです。