アサイーについて

アサイーの味が酸っぱい、はウソ

アサイーは以前よりだいぶ、メジャーなフルーツになってきたみたいですね。

つい先日まで、大手のカフェでも期間限定ですがアサイー味のドリンクを販売していました。美味しいと評判で、あっという間に売り切れてしまったそうです。

私も飲んでみようと思っているうちに、販売終了になってしまいました^^;

アサイーって、味を知らずに実の写真とか、果汁の色とかを見た印象だと、酸っぱそうな感じがすると思うんです。私も、実際に飲んでみるまでは、きっとベリー系によくある、酸味の強い味だとばかり思ってました。

ところが実はぜんぜん、酸っぱくないんです。と、いうか、味がありません。

甘みも酸味も、苦みも全然ないんです。癖がないといえばそうですが、個人的な感想としては癖がないのではなく味がありません。

では美味しくないのか?と聞かれたら、単独で食べたら美味しくないと思う、と答えますね。アサイーはもともと、ヤシ科の植物ですがブドウのように小さな実を房状につけて育ちます。

見ためからベリーという呼び名がついていますが、ベリー系の植物ではないんですね。アサイーの実の大きさは本当に小さく、しかも実の中身はほとんどが種で、果肉の部分がほとんどありません。

加えて、実は収穫後とても腐りやすいため、これまでは他の国や地域に運ばれて消費されることがなかったんです。

ところが、その実の中に素晴らしい栄養価があることが分かり、また、昨今の食品加工技術の向上により、アサイーの粉末や乾燥させた実などが、私たちの目にも触れるようになったというわけです。

単独で美味しいものではないんですが、栄養価が高く、アサイー自体に味がないので他の飲み物に混ぜても邪魔にならない。そんなわけで、色んなフルーツジュースやお酒、ワインなどに混ぜて飲むのが好まれているんですね。

アサイードリンクと名前がついているものでも、原材料名をよく見るとアサイーの他にベリー系のフルーツの名前が並んでいるものが多くあります。

そんなところからも、アサイーの味はベリー系の味だ、と思い込んでいる人が多いのかも知れのませんね。アサイーの粉末などは、本当になんの味もしませんよ。

逆に、アサイー粉末と書かれているのに甘酸っぱい味がするような場合は、甘味料や香料、酸味料などが配合されているのがほとんどです。

別に悪い事ではないんですが、どうせ健康目的で飲むのなら、添加物の入っていないものを選んだほうが理に適っている気がします。

栄養価が高く体に良い影響が期待できるアサイーですから、選ぶときには味と共に、そんなところも気にしてみるといいと思います。