アサイーの成分

アントシアニン

みなさんは、「アントシアニン」という成分について、どれくらいの知識をお持ちでしょうか。割と有名ですから、日常で目にすることもあるかと思いますので、その効果などもすでにご存知の方は多いかもしれません。

一般的にアントシアニンは、「目に良いサプリメント」として販売されているケースが多いです。「ブルーベリー」や「アントシアニン」という名前が付いている商品がほとんどだと思います。

このアントシアニンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用も持ち合わせています。アサイーには、このアントシアニンが含まれています。アサイーは、素晴らしい力を秘めているのです。

 

アサイーの皮に含まれているアントシアニンという成分には、視力の回復へ導く作用があるので、字や物が見えにくくなった際は、このアントシアニンを摂取するといいでしょう。

目の健康を維持する際に役立つので、長い時間パソコンの画面を見続けている人や、目を酷使するお仕事をされている方にとって心強い成分と言えます。

このアントシアニンは、目の網膜にある細い血管を強くして血液の流れを活性化させることで、目の至るところに酸素や栄養分を運んでくれます。

この働きによって、目のピント調節の働きを蘇らせ、疲れからくる目が霞んだりチラついたりする不快から開放してくれると言われています。

 

また、暗い場所で物を見る時に関与している、「ロドプシン」という成分の合成を促進することもわかっています。

アントシアニンはアサイーや代表的なブルーベリーの他にも、ブドウや苺、さくらんぼ、紫キャベツ、紅芋、赤シソなどのような鮮やかな色彩を持つ果物や野菜にも含まれています。

大事なのは「皮」など色のついた部分だと言われているので、そこに気を付けて摂取しましょう。