アサイーの成分

植物性ステロール

アサイーには「植物性ステロール」という成分が含まれています。

この植物性ステロールとは、植物の細胞を構成する成分の1つで、アサイーの他にも多くの植物に含まれています。特に多く含まれているのは、「豆類」や「穀類の胚芽」だと言われています。

 

植物性ステロールやコレステロールは共に「脂質」の一種なのですが、植物性ステロールは「植物の細胞膜構成成分」で、コレステロールは「動物の細胞膜構成成分」ということになります。

この植物と動物の違いだけを聞くと、植物の方が脂肪が少なく太りにくそうだと感じますよね。実際に、コレステロールは体内に吸収され、植物性ステロールはほとんど体内に吸収されることは無いのです。

植物性ステロールは、コレステロールの代わりにコレステロールの運び役と言われる「ミセル」という成分に入り込みます。

そして、この「ミセル」に入り込めなかったコレステロールは体外に排出されると言われています。

 

植物性ステロールは、体内にほとんど吸収されることはありません。植物性ステロールの作用によって、体内に吸収されるコレステロールが減少するのです。

食事で摂ったコレステロールは、コレステロールや脂質を運ぶ役目である「ミセル」という粒子に入って、小腸で体内に吸収されてしまいます。

アサイーには、その吸収を妨げる植物性ステロールが含まれているので、ダイエットの際も心強い見方として働いてくれます。女性にとってはもちろんのこと、メタボが気になる男性にも興味深い成分ですね。