アサイーの成分

βカロチン

アサイーには、多くの栄養素が含まれています。にんじんやほうれん草などの野菜や、植物性食品に多く含まれる「βカロチン」も、このアサイーには豊富に含まれているのです。

このβカロチンは、ビタミンAと勘違いされやすい栄養素ですが、ビタミンAとは違います。体内で必要量に応じてビタミンAに変換されることが、間違いやすい要因なのです。

 

βカロチンは、ビタミンAとしての副作用が出にくい性質があります。

そのため、妊婦の方や赤ちゃんに授乳させる必要がある方、ビタミンAの過剰摂取による副作用が気になる方には、βカロチンで摂取することをオススメします。

 

そしてβカロチンには、強い「抗酸化作用」があると言われています。

その効果により、身体の酸化を食い止めてくれるのです。この酸化が原因とされる様々な疾病や、女性の悩みでもあるお肌のシミ、シワなどにも効果があります。

これらの働きをする際は、ビタミンEなど他の抗酸化物質とも協力して効果を発揮しています。

 

βカロチンは、私たちの体内で必要な量をビタミンAに変換させるため、当然ながらビタミンAとしての効果も発揮してくれます。

例えば、乾燥肌でお悩みの方は、そのカサカサが改善し、視力の低下が気になる方には、視力の回復効果が現れるのです。

また、子供の発育や健全な成長に欠かせない栄養素とも言われています。βカロチンはビタミンAの働きを全て兼ね備えており、悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。

そして、血中脂質を正常化することにより、恐ろしい疾患の「動脈硬化」や「心筋梗塞」なども予防してくれるのです。