アサイーの成分

ルテイン

アサイーに含まれる成分の中に「ルテイン」という成分があります。このルテインは、「カルテノイド」の一種と言われています。

「カルテノイド」と言っても、なかなかピンとこない人がほとんどではないでしょうか。

 

このカルテノイドとは、私たちの体内で強力な抗酸化作用を発揮している成分なのです。

その強力な抗酸化作用によって、人体に有害とされる活性酸素を排除し、生活習慣病の代表的な「動脈硬化」の予防だけではなく、恐ろしい病気である「ガン」を予防する効果も大変期待されています。

 

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますが、実は人の体内にも存在しています。特に、女性の乳房や子宮頚部に多い成分だと言われています。

私たちが生活していく中で、眼から得る情報というのはとてつもない量です。その大切な眼に存在すると言われているカルテノイドは、「ルテイン」と「ゼアキサンチン」という成分です。

 

これらは、眼の機能が正常に働くためには必要不可欠な成分です。人が物を見る際、レンズの役目をする水晶体によって外からの光を受け止め、それを網膜に映し出して脳で映像化しています。

その網膜の中心部にあるのが、黄斑部と呼ばれる所で、物を見る時にとても重要な部分となります。

この部分に存在するカロテノイドは、ルテインとゼアキサンチンだけであり、この二つの成分によって、水晶体と黄斑部を光の影響で起こりうる「酸化」から守ってくれるのです。

この成分が減少してしまうと、水晶体が白内障になったり、黄斑部が加齢黄斑変症になったりと、非常にわずらわしい眼の疾患の主な原因となってしまうのです。