アサイーの成分

テオプロミン

「アサイー」には、大変多くの栄養成分が含まれていますが、「テオプロミン」もその一つです。テオプロミンなんていう言葉はおそらくあまり聞いたことがない名前だと思います。一般的には、カカオ豆などに含まれている成分のようです。チョコレートが好きな人は知らない間に、この「テオプロミン」を摂取しているのですね。

テオプロミンはアルカロイドと呼ばれる分子の一種に属しており、このアルカロイドとは、分子内に窒素を含んでいる、アルカリ性の有機物の総称だといわれており、「アルカリのようなもの」という意味だそうです。

たくさんの成分が含まれていますが、その中の一つ、テオプロミンに注目してみましょう。アルカロイドの中のさらに分かれた、気管支喘息の薬として広く用いられる「テオフィリン」の異性体が「テオプロミン」といいます。さまざまな基質にメチル基という分子量の小さい置換基が置換または結合すること(メチル化)で、コーヒーや紅茶などにふくまれる「カフェインへ」と変化します。

テオプロミンの効果としましては、咳を止めてくれたり、花粉症の症状を和らげてくれたりしてくるそうです。さらに、利尿作用の促進や集中力の向上、また「癒しの効果」もあり、女性には嬉しい「冷え性」の改善までと幅広い働きをしてくれます。

私たちが生活する上で、身体を形成する上においても、大変頼もしい栄養素ですので、「アサイー」で沢山の成分と一緒に摂取できるといいですね。