アサイーの成分

鉄分

「アサイー」には、ほんとうに沢山の栄養素が詰まっていますが、「鉄分」もその一つです。「鉄分」と聞いて最初に頭に浮かぶのは、「血を作る成分」と言うことは有名ですので、みなさんも同様に血に関係した効果を想像されたと思います。

この「鉄分」は、体内の酸素を運んで、貧血の予防として、重要な役割を占めています。残念な事に、成人女性の約3割が鉄分不足状態であり、「貧血」であるとされています。

女性の場合、毎月の生理による血液の放出で失う鉄分の量が多い為、貧血になりやすいそうです。赤血球の中の、「ヘモグロビン」に含まれている鉄分が減少してしまうと、赤血球が小さくなってしまいます。そして、形も不揃いになってしまい、色も白っぽくなってしまうそうです。

ヘモグロビンは赤血球の中の「ヘム」と呼ばれる「鉄含有色素」と「グロビン」呼ばれる「タンパク質」が結束してできた色素タンパク質の事をいいます。鉄欠乏性貧血の事を通称「貧血」といいますが、この初期症状として、顔色が悪くなり、青白くなります。そして、まぶたの裏側が白っぽくなるので、気になる方はチェックしてみてください。

赤血球にある鉄分は酸素と結びつくことにより、血管の末端まで酸素を運んで行ってくれます。そのため、鉄分不足を体が判断すると、酸素の運搬に支障が起こるため、貧血に陥ってしまいます。

さらに、筋肉にある鉄分が貯めている酸素の量も減少してしまうので、疲れやすくなる症状がおこり、さらに頭痛やめまいまで引き起こすといいます。そして、集中力が低下して思考能力が下がるので気を付けなければいけません。